アクリル絵の具

絵の具の中でも扱いやすいターナー・ホルべインガッシュは重ね塗りの時によく使います。アクリル絵の具は速乾性のため、水やリターダー(遅乾剤)の入ったメディウムと混ぜ描くこともあります。

10年前、お店でふと目にしたセラムコート。樹脂メディウムが多いのか焦らずゆとりをもって描けます。不安感を表現するのにリバティーブルーを使用することがあります。下の作品の背景は全体にリバティーブルーをローラーで無造作に塗り込みました。あえてむらを出すことで不安感をだしました。 

 

 

 

               『くんちゃんのきんメダル』

 

チタニウムホワイトは消したい箇所に使用したり真っ白にしたい箇所に数回重ね塗りします。ジンクホワイトは混色でよく使用します。あれこれと実験して自分の色を見つけることが好きです。ジェッソは地塗り用として使用しますが、つや消しの感じが好きで絵の具として使用することもあります。