『えがいて つむいで』が初出版されました



2021年11月18日『えがいて つむいで』が初出版されました。

イラストレーション『この空の下で』は漢字をなるべく少なくして小学3年生くらいの子どもにも読んでもらえるよう工夫しました。

あんパンでも食べながらくすっと笑っていただければ嬉しいです。

 エッセイ『セピア色の思い出』は6歳から12歳頃までの記憶をたどり春夏秋冬それぞれ4編ずつ書き下ろし合わせて16編あります。

不思議なもので、一つ思い出すと芋づるのようにその時の出来事がよみがえり当時にタイムスリップした感覚になるから面白いです。

何より私らしさを変えないで編集してくださった担当者の方にはたくさん力を貸していただきました。

 

約半年かかって出版された『えがいて つむいで』はPOD(プリントオンデマンド)で印刷されています。

表紙は夕日をイメージした背景に奥行きを感じる素敵なデザインにしていただきました。

本文のイラストは私の送ったデーターが反映されるため小さな冒険でした。

不思議な時と素敵なご縁がつながって初出版することができました。

そして思い出のいっぱい詰まった大切な宝物になりました。

『えがいて つむいで』の詳細はこちらからご覧いただけます。

https://www.amazon.co.jp/dp/4867280488