第30回世界平和美術展・SDGsメッセージ同時展示

第30回国際平和美術展、「国際展」はユネスコパリ本部で開催されました。

会場はユネスコ(国際連合教育科学文化機関)パリ本部内、ミロ・ホール他。

会期は2022年6月14(火)~17日(金)/ 6月20(月)~23日(木)の2部で行われ、私は「希望の力」を出品しました。

 

併設展として開催されましたユネスコ日本政府共催による日本文化をご紹介するイベント「日本へのクリエイティブな旅展」も行われ、前期後期併せご来場者が3,000人を超えたようです。ユネスコ本部内で開催致されましたセレモニーでは、各大使が出席され「国際平和美術展」開催にあたる感謝のお言葉を賜ったことご報告いただきました。

 

国内展は、東京芸術劇場5階ギャラリー1,2

会期は2022年11月8日(火)~12日(土)まで開催予定です。



「希望の力」

 

さあ 飛び立とう!

やっと見つけた新しい舞台

脇役なんていない

誰もがみんな主人公

さあ みんな集まれ!

平等の世界へ出発だ

もっと大きな輪をつくろう

もっと高く

もっと自由に舞い上がれ!


SDGsの重要な基準でもある「誰一人輪から取り残さない」ことを念頭に平和のメッセージを書きました。

メッセージは同時展示されました。

(株式会社クオリア―ト 国際平和美術展パリ・ユネスコ本部展、2022年)